建築塗装とは?メリットや相場などについての関連情報を分かりやすく紹介

当サイトは建築塗装とはどのようなものなのか、メリットや相場などについての関連情報を分かりやすく紹介しています。
建物の塗装をすることを検討しているのなら、きっと参考になるはずです。
建物の耐久性を高めることができるのが建築の塗装です。
年月を経ることにより劣化しがちな建物を守るためにも欠かせません。
雨風や紫外線から家を守る効果があります。
塗装により大切な建築物を自然現象から守り、良い状態で保たせたいものです。

建築塗装とは?メリットや相場などについての関連情報を分かりやすく紹介

何かと情報を見聞きする機会のある建築塗装はどんなものなのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
その名の通り建築塗装は建築物の塗装のことで、大切な建物を保護するためにも欠かせないものとなっています。
建築塗装をすることで雨や風、紫外線などによって損傷を受ける建物の耐久性を高めることが可能です。
建築塗装の相場は季節や塗料により異なり、一般的な住居に多い30坪程度の建物の場合には100万円ほどが相場です。

建築塗装にかかる費用相場はどれくらい?

建築塗装というと高額な費用がかかるイメージですが、相場については誰もが知りたいところではないでしょうか。
建築塗装のうち主力といえる外壁と屋根は、一般的な住宅だと100万円前後が目安となります。
これはセットの場合の金額で、外壁だけだと100万円を大きく下回りますが、セットの場合よりも割高になるのは否めないです。
屋根のみであれば50万円を切ることもありますが、塗料の耐用年数はどちらもほぼ同じなので、セットで建築塗装が行われるケースが多いです。
ただ、選択する塗料によって簡単に単価は上下するので、耐用年数の長い塗料を選べばその分が費用に上乗せされます。
余談ですが、内装の場合はトイレのように限られた空間だと10万円前後が相場で、リビングのように面積が空間では10万円を超えることになります。
建築塗装は屋外と室内で傾向が異なるので、例えばリフォームを考える際にはその点も念頭に置いて検討する必要があるのではないでしょうか。

建築塗装は建物を保護する上でも欠かせない

どんなに素晴らしい資材や材料で建築した建物でも、定期的な補修や修繕をしなければ経年劣化による老朽で建物の寿命を長持ちさせることはできません。
外壁を保護するための建築塗装は、雨や風をしのぐためお手入れはとても重要となります。
通常、屋根又は建物外壁については、その使用部材にもよりますが、10年から13年位を目途に建築塗装をすることが推奨されていますが、海の近くや海岸沿いなど特別な地域にお住まいの方は潮の塩害などのため、もう少し短い期間で建築塗装をすることが良いといわれています。
建築塗装は、太陽や風雨など外気から部材を保護するためにとても有効な手段となります。
塗装が剥がれてきたりすると、その箇所から雨などが侵入し他のところに浸食するなどして腐食の原因になりますので注意が必要です。
最近は、塗装の技術が優れているので暑さに耐える遮熱塗装など用途に応じていろいろな種類がありますので業者によく相談することをおススメします。

防水性能を長く維持させられる建築塗装

建築塗装の魅力は、単に美観を良くするだけでなく、外観の保護を図ることができる点もあります。
建物の天敵は湿気であり、湿気が生じるとカビが生えやすくなったりして、それが外観の劣化にも繋がっていきます。
しかも経年劣化は物が空気中の酸素に曝されることで酸化していく点もあり、鉄などの錆の原因にも繋がっていくのも事実です。
なお外観ではコンクリートを用いるケースもありますが、建築塗装を行っておけば、内部まで水の侵入を防ぐことができる防水機能を備えることができます。
他にも木材であれば、内部まで水が浸入することで朽ちるリスクも生じますが、建築塗装を行うことで防水ができ、朽ちることを防ぐことも可能です。
もっとも一回でもしっかりと塗装を行っておけば、長年の間、被膜によって水による侵入を防ぐことを維持でき、建物が劣化しにくくなります。
このように建築塗装を行うことはメリットも多いため、建物には欠かすことができない大切な施工と意識されています。

建築塗装を定期的に実施した方がいい理由

建築塗装は定期的に実施した方がいいといわれていますが、その理由については知っておきたいものではないでしょうか。
建築塗装は建物の美観だけでなく、機能も守る役割を担うので、塗り替えを疎かにしていると建物が傷んで寿命が縮まることになります。
丁寧に塗装をしても、塗面を傷める要因が多い屋外環境では、経年劣化が避けられないです。
特に直射日光が当たる面だったり、雨風が強い地域においては劣化の進行が早い傾向です。
直射日光や雨風が当たらない内装も、やはり経年で劣化するものですから、定期的な建築塗装は必須といって過言ではないです。
壁や屋根もそうですが、金属や木材も建築塗装をしないと傷んだり、場合によっては交換が必要になります。
鉄鋼は塗装によってサビから守られていますし、木材は木材で吸湿や過度な乾燥を防ぎ、ササクレなどの発生を抑えているわけです。
コンクリートやモルタル部分も理由は同じで、定期的に塗り替えることが建物の寿命を延ばしていると結論づけられるのではないでしょうか。

筆者:牧原宏樹

筆者プロフィール

北海道釧路市生まれ。
ご近所トラブルにならないよう、着工前に工事内容などを説明しました。
函館の建築塗装